So-net無料ブログ作成
検索選択

ファンタジスタ Evo 2号機の製作(9) [ファンタ Evo 2号機]

ファンタジスタ Evo 2号機の製作ですが、今回は翼関係で未着手であっ
た、垂直尾翼の製作を行います。

FantaEvo(2)9-1.JPG

今回の製作では、各翼端部の形状変更を行う予定ですが、それに関連
して垂直安定板についても、前縁のライン変更のリクエストがありました。
 
改造方法としては、前縁側に部材を追加して段差をパテで埋める方法も
ありますが、以下の理由により、手間は掛かりますが全体を新たに作り
直す事にしました。

 ・オリジナルの垂直安定板上部は、コード方向の寸法が極端に短くRも
  小さいため、パテ埋めするにしてもスムーズなラインを出すには、大量
  のパテを使用する必要があり、重量的に不利である。

 ・上端リブ(V1)を少し延長して再設計した方が、全体の剛性がアップする
  と思われる。

 ・部分的ではあるが、コンポーネントを一から製作する事により、改造に
  関するスキルアップが図れる

設計、部品の切り出し

今回の改造では、付根リブ(V5、V8)の形状はそのままで、上端リブ(V1)
の延長を行いますが、中間リブ(V2~V4)の形状も変わりますので、
最初に、その形状を求めます。

今回はその作業に3D CADを使用し、断面図(リブ型)の取得と外形形状
の確認を行いました。
FantaEvo(2)9-2.JPG
3D CADは「Fusion360」を使用しています。 2D CADはそこそこ使えるのですが、3D CAD
はまだ勉強中のため、ごく一部の機能しか使用していません。

3Dで取得したリブ型を基に、2D CADで垂直安定板及び、治具部品の
図面を作成します。
FantaEvo(2)9-3.JPG

レーザー加工機(Podea-01)で、各部品の切り出しを行います。
FantaEvo(2)9-4.JPG
Podea-01は、中古で購入したのですが、最近調子が悪く(レーザー出力が極端に弱くなってきた)、
購入時には楽にカット出来ていた2mmバルサも切り残しが発生するようになってきました。
今回の作業が完了したら、修理に出す事になりそうです。


何とか、部品の切り出しが完了。
FantaEvo(2)9-5.JPG

組立て作業

最初に治具の組立てを行います。 図面上で正確に組み立てます。
FantaEvo(2)9-6.JPG

垂直部品の仮組みを行います。  治具、垂直共に、同じデーターから
レーザーカットしていますので、問題なくきっちり収まりました。
FantaEvo(2)9-7.JPG

リブの本組み(接着)を行います。
FantaEvo(2)9-8.JPG

今回は、プランク用に反対側の治具も作成しました。
垂直安定板はサイズの割に曲げが強く、ネジレが発生しやすいため、
万全を期してサンドイッチ工法で行います。
FantaEvo(2)9-9.JPG

右面のプランクを行います。
FantaEvo(2)9-10.JPG

続いて、左面を行います。
FantaEvo(2)9-11.JPG

両面から押える事で、ネジレを防止します。
FantaEvo(2)9-12.JPG

プランクが完了です。 両面治具のお蔭で正確にできました。
FantaEvo(2)9-13.JPG

各端面の仕上げ(研磨)を行います。
FantaEvo(2)9-14.JPG

前縁材の接着を行います。
FantaEvo(2)9-15.JPG

最後に、前縁をR加工して垂直安定板(改造版)が完成です。
FantaEvo(2)9-16.JPG

次回に続く>>


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0