So-net無料ブログ作成
検索選択

ファンタジスタ Evo 2号機の製作(14) [ファンタ Evo 2号機]

ファンタジスタ Evo 2号機の製作、今回で完全生地完となりましたので、
最後の仕上げの様子をご紹介します。


胴体の仕上げ


最初にモーターマウントにカーボンロービング補強を施します。
FantaEvo(2)14-1.JPG
マウント周辺の不要部分のカットを行います。
FantaEvo(2)14-2.JPG


カナライザーのパイロン付根には、念のため、カーボンロービングで
補強を行っておきます。
FantaEvo(2)14-3.JPG


続いて垂直尾翼関係を仕上げますので、翼端材の粗整形を行います。
FantaEvo(2)14-4.JPG


翼端材の取付け面の研磨を行い面を出しておきます。
FantaEvo(2)14-5.JPG


ラダーのニュートラルを出します。
FantaEvo(2)14-6.JPG
1mのアルミアングル材を胴体側面に沿わせて固定すると正確なニュートラルが出せます


翼端材の位置出しを容易にするため、爪楊枝を利用して位置決めピンを
打っておきます。
FantaEvo(2)14-7.JPG

ラダーに合わせて、翼端材の接着を行います。
FantaEvo(2)14-8.JPG


翼端材の整形を行います。
FantaEvo(2)14-9.JPG


後縁の三角材を取付けます。
FantaEvo(2)14-10.JPG


カナライザーの仕上げ


カナライザー部のフィンを取付けます。 カナライザー上に位置する部分
は、絹貼り後に取付けられるよう接着せずに残しておきます。
FantaEvo(2)14-11.JPG

カナライザーのグラス補強部分にパテ処理を施し、ボルト穴に皿取り
加工を行います。
パテはセメダインの「穴うめパテ」を使用しています。
FantaEvo(2)14-12.JPG


翼関係の仕上げ


主翼の翼端材の整形を行います。
FantaEvo(2)14-13.JPG


主翼犬歯部へ化粧板を接着・整形します。
FantaEvo(2)14-14.JPG


水平尾翼とカナライザーも同様に翼端の整形を行います。
FantaEvo(2)14-15.JPG

FantaEvo(2)14-16.JPG


最後に全体のサンディングを行って面を整えます。
FantaEvo(2)14-17.JPG


キャノピーの加工


計器板のグレアシールドを取付けます。
FantaEvo(2)14-18.JPG


キャノピーを少しずつカットして、取付け枠に合うよう加工を行います。
FantaEvo(2)14-19.JPG


パテ打ち

胴体のサンディングを行った後、パテ処理を行います。
パテは「ポリパテ」と「穴うめパテ」の2種類を使用しますが、今回は、
部位によって下記のような使い分けを行いました。


 カーボン部分: ポリパテ
 バルサ部分:  穴うめパテ
 カーボン/バルサ混在部分(整形用): 穴うめパテ
 カーボン/バルサ混在部分(造形用): ポリパテ


機首部分
FantaEvo(2)14-20.JPG

アンダーカウル接続部
FantaEvo(2)14-21.JPG

カナライザーパイロン部
FantaEvo(2)14-22.JPG

垂直尾翼立ち上げ部
FantaEvo(2)14-23.JPG


完全生地完成


完全生地完となりました。
FantaEvo(2)14-24.JPG

FantaEvo(2)14-25.JPG


尚、重量は下記のようになりました。


 胴体:      880g
 キャノピー:   178g
 主翼(L):    252g
    (R):    250g
 主翼カンザシ:  37g
 水平尾翼(L):  54g
       (R):  50g
 水平カンザシ:  17g
 カナライザー:   42g


 合計:      1760g


 パイロット:     10g
 小物パーツ:   30g


 総合計     1800g

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0