So-net無料ブログ作成

Super Fantasista(SPF)の製作(1) [Super Fantasista(SPF)]

ファンタ Evo 2号機の製作が完了し、Evo 1号機の仕上げを行いたい
所ですが、スーパーファンタ(バルサキット)の製作依頼が入りましたの
で、そちらの組立て作業を先に行って行きます。

SuperFanta1-1.JPG

キットの内容は、ファンタEvoと同様に組立て説明書は付属しませんが、
組み立て易さに十分な配慮がなされ、バルサ材も適材適所で良質な物が
使用されるなど、非常に充実したものとなっています。
また、カーボン製のキャノピーを採用するなど、標準仕様で軽量に仕上が
る事も特徴の一つとなっています。

製作の準備

いつものように、最初に作業台のメンテを行い、平面度、水平度の
確認を行います。
SuperFanta1-2.JPG


本キットの図面は、水平尾翼及び、カナライザーについては両翼の平面図
が記されていますので、主翼のみ左翼製作用に裏面からのトレースを行い
ます。
SuperFanta1-3.JPG


治具の製作

本キットには垂直尾翼用の治具が付属していますが、ファンタEvo2号機
で両面治具を使用して精度、組み立て易さ共に良好でしたので、今回も
垂直用に治具をもう1セット準備します。


オリジナルの垂直治具部品をスキャンして輪郭をPCに取り込み、CAD
ソフトでカット用データを作成します。 作成したデータをドローソフト経由で
レーザー加工機(Podea-01)に出力し、治具部品のカットを行います。
SuperFanta1-4.JPG
不調だったPodea-01ですが、メーカーに修理を依頼したついでにアップグレード(有償)を
行い出力が 4W→6Wへアップしました。

6Wのレーザーヘッドの性能は素晴らしく、これまでかなり繰り返し加工を行う必要があった
3mmベニヤ材のカットも、2回の繰り返し加工でカット可能で、
加工速度の点でも十分実用
的になりました。



垂直用の治具を組み立てていきます。
SuperFanta1-5.JPG


もう1セットの治具も組立てて、垂直用治具の完成です。
SuperFanta1-6.JPG


続いて、カナライザー用の治具を組み立てますが、楕円翼の為、前縁用
の部材に事前に曲げ加工を施します。
廃材を利用して作成した治具に水分を含ませた部材をセットしてしばらく
放置し、曲げ癖を付けておきます。
SuperFanta1-7.JPG


カナライザー用の治具を組み立てます。
SuperFanta1-8.JPG


水平尾翼用です。
SuperFanta1-9.JPG


最後に主翼用ですが、これも前縁部材に曲げ加工を施します。
SuperFanta1-10.JPG


主翼用の治具を組み立てます。
SuperFanta1-11.JPG


主翼用治具の完成です。
SuperFanta1-12.JPG
ファンタEvoの時と同様に、前後縁にはアルミアングル材を接着して
 (1)前後縁の直線出し
 (2)作業台上への確実な固定
 (3)上面プランク時のウェイトの載せ代確保
を行います。


翼端材、プランク材の加工

翼端材の貼り合わせを行います。
SuperFanta1-13.JPG


プランク材の接合を行い、接着剤が硬化後、両面のサンディングを行って
面を整えます。
SuperFanta1-14.JPG
プランク材は、レーザーカットで寸法切りされた物が付属しており、各パートの部材を図面指示
に従い接合するだけで作業が完了します。

また、後縁側には、狂いの生じにくい材質の物が配置される等、各パート毎にバルサの使い
分けがなされています。

従来のキットのように数十枚のバルサ材からそれぞれのパートに最適な物を選別して、かつ
重量バランスを考えながら配置を行うのは
かなり手間の掛かる作業であるため、かなり有難い
配慮であるように思います。



ラダー及び、主翼下面のプランク材には、ホーン取付部の補強ベニヤを
埋め込む必要があるため、サンディング前に補強ベニヤを接着しておき
ます。
SuperFanta1-15.JPG


プランク材の準備が完了です。
SuperFanta1-16.JPG
次回に続く>>

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0