So-net無料ブログ作成
検索選択

Super Fantasista(SPF)の製作(2) [Super Fantasista(SPF)]

スーパーファンタの製作ですが、今回は尾翼とカナライザーの組立て
を行います。

この辺の作業は、楕円翼周りの工作と下面のプランク方法以外は
ファンタEvoとほとんど同じ為、詳細な説明は省きます。

ラダーの組立て

本キットのプランク材は正確に寸法切りされているため、リブ組は
プランク材の上で行います。
SuperFanta2-1.JPG
ラダーは治具を使用しなくても、平らな工作板の上で組み立てれば、
正確に組み立てる事が出来ます。

左面をプランク後、下端の部材(R10)を接着・整形して、ラダーは
一旦終了とします。
SuperFanta2-2.JPG

垂直尾翼の組立て

リブ組みを行います。
SuperFanta2-3.JPG


右面→左面の順でプランクを行います。 左面のプランクの際は、別途
作成した治具を使用します。
SuperFanta2-4.JPG

前縁材を接着・整形して垂直尾翼の完成です。
SuperFanta2-5.JPG

カナライザーの組立て

最初に上下プランク材の後縁部のテーパー加工を行っておきます。
プランク材にはレーザーでリブ位置及び、テーパー加工の境界線が
記されていますので、それを目安に加工を行います。
SuperFanta2-6.JPG

治具の上に下面プランク材をセットし、その上でりプ組みを行います。
スパー位置は、プランク材にスロット加工されていますので、位置合わ
せが楽です。
SuperFanta2-7.JPG

上面のプランクを行います。 注意点としては、楕円翼の為、翼厚も直線
的なテーパーではなく緩やかにカーブしていますので、上面プランクの際
は、必ず専用治具で両面から押える必要があります。
SuperFanta2-8.JPG

続いて前縁材の接着を行いますが、板厚があり、そのままでは前縁の
カーブに沿わせるのは難しいため、治具製作時と同様に事前に曲げ加工
を行っておきます。
SuperFanta2-9.JPG

前縁材の接着を行います。 曲げ加工材を使用する事により、無理なく
カーブに合わせる事が出来ると思います。
SuperFanta2-10.JPG

翼端材を接着後、左右のカナライザーの接合を行い、カナライザーの
組立てが完了です。
SuperFanta2-11.JPG

水平尾翼の組立て

小物部品の接着及び、犬歯部リブの貼り合わせを行います。
SuperFanta2-12.JPG

リブ組み/下面プランクを行います。 これもカナライザーと同様に
プランク材の上でリブ組み・接着を行います。
SuperFanta2-13.JPG

カーボンカンザシの組込みを行います。 リブとの接着部は、バルサ
パウダーのみでも大丈夫だとは思いますが、念のため、ベニヤ補強材
を切り出し追加しました。
SuperFanta2-14.JPG

カンザシ組込み後、上面のプランクを行います。
SuperFanta2-15.JPG

前縁及び、翼端材を接着・整形して水平尾翼が完成です。
SuperFanta2-16.JPG



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: