So-net無料ブログ作成

Super Fantasista(SPF)の製作(6) [Super Fantasista(SPF)]

スーパーファンタの製作ですが、今回は、胴体のアンダーカウルの取付
けと、水平尾翼のアライメントを行います。

アンダーカウルの取付け

本機の胴体カーボンパーツは3分割されており、今回は後部の取付けを
行います。

最初にエキゾーストポートの開口を行います。
SuperFanta6-1.JPG


胴体最後尾には、尾輪軸の受けとなる部材を接着・整形しておきます。
SuperFanta6-2.JPG

取付部の墨出しを行い、段付き加工を行います。 この部分は必ずパテ
が入りますので、それを前提に今回は少し深め(0.5mm)の掘り下げと
しました。
SuperFanta6-3.JPG
本機のカーボンパーツ取付け部は平面だけではなく、場所によっては曲面状に加工する
必要があり、ひと手間掛かりますが、完全にフィット
するまで、根気よく合わせていきます

段付き加工が完了したら、突合せ部の接着代を考慮してカーボンパーツ
の長さを調整し、接着を行います。
SuperFanta6-4.JPG

接着は、エポキシ系接着剤を少量塗布したカーボンパーツを定位置に載
せ、テープで仮止めした後、瞬間接着剤で端部を固定していきます。
また、仮止めや接着は胴体の捻じれや曲りが発生しないよう、左右交互
に少しづつ行って行きます。


水平尾翼のアライメント

カーボンパーツの接着が完了し、後部胴体の構造体が完成しましたので、
水平尾翼の立て付けを行います。
作業は、いつものように胴体治具を使用してアライメントを決定します。

今回もカンザシ部のベアリング受けを脱着式に改造するため、最初に、
水平尾翼取付け部の穴径を拡大し、別途用意したカーボンスリーブ
(外形17mm、内径16mm)を挿入します。
SuperFanta6-5.JPG

カーボンスリーブに標準のベアリング受けとカンザシパイプをセットします。
SuperFanta6-6.JPG

水平尾翼をセットし、アライメントをチェックします。 必要により取付け穴
の修正を行いアライメントを合わせます。
SuperFanta6-7.JPG

アライメントが出たら、カーボンスリーブと取付け穴間に瞬間接着剤を
流して固定します。 
その後、水平尾翼や標準のベアリング受けを取外し、バルサパウダーを
使用してスリーブを完全に固定します。
SuperFanta6-8.JPG

スリーブの固定が完了したら、側板と面一に仕上げて水平尾翼の
アライメントが完了です。
SuperFanta6-9.JPG

次回に続く>>

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0