So-net無料ブログ作成
検索選択

Super Fantasista(SPF)の製作(7) [Super Fantasista(SPF)]

スーパーファンタの製作ですが、今回は、ノーズカウルの取付けと、
コントラ仕様への改造作業を行います。

SuperFanta7-0.JPG

本キットは、通常のドライブユニットの他にコントラユニットも搭載可能な
内容になってはいますが、基本的にはサイドスラスト付きの通常ドライブ
仕様であり、コントラを搭載するには、マウントの改造が必要になってき
ます。

私自身、コントラ仕様機の製作は初めてであり、1つ1つ確認しながら、
慎重に作業を進めた関係で、大変時間を要してしまいましたが、何とか
納得のいく仕上がりになりました。


ノーズカウルの取付け

最初に、インテーク等の開口を行います。 フロントのマウント面も、胴枠
「F1A」を参考に穴開け加工を行っておきます。
SuperFanta7-1.JPG
※今回はコントラ仕様機の為、最終的にはノーズカウルのフロント面は切り取ってしまいますが、
 ノーズカウル取付け時の位置出し用に、この段階では
残しておきます。


胴枠「F1B」は、モーターのマウント面にカーボンクロスをポリ樹脂で貼り
補強を行っておきます。
SuperFanta7-2.JPG

マウントビームの前端は、コントラ用にサイドスラスト「0」への加工を行っ
てありますので、サイドスラストの付いたカウルに合わせて、角度付きの
スペーサーを作成して入れておきます。
SuperFanta7-3.JPG

ノーズカウルを仮付けし、取付け加工用の墨出しを行います。 キャノピー
取付け面は、アルミアングル材で直線を出しておきます。
SuperFanta7-4.JPG

側板にカウルの厚み分の段付き加工を行います。
SuperFanta7-5.JPG

今回は、どう調整してもカウルが胴体側に微妙にフィットしない部分があり、
やむを得ず一部スリット加工を行って合わせました。(無理をすると胴体が
歪んでしまう可能性があるため)
SuperFanta7-6.JPG

マウントビームのサイド部分には、カウルとの隙間を埋めるため、バルサ
片を接着・整形しておきます。
SuperFanta7-7.JPG

ノーズカウルの接着を行います。 ここは裏側からも接着剤が流せるため、
全て瞬間接着剤を用いています。
SuperFanta7-8.JPG

コントラ仕様への改造作業


ノーズカウルの接着が終わりましたので、位置出し用に残しておいた、F1
部分の切り取りを行います。
SuperFanta7-9.JPG

SuperFanta7-10.JPG

仮に「F1A」を嵌めてみます。 カウルのサイドスラスト分が残っているため、
L/H側がかなり後退しているように見えます。
SuperFanta7-11.JPG

「F1B」を内側から組み込むため、 マウントビームの前側の耳を切り取り
ます。
SuperFanta7-12.JPG

つづいて、カウルフロント面を削り、スラスト角を合わせていきます。

本機のカウル前部には、コントラ加工用の目安となるケガキ線が入れら
れていますが、今回はダウンスラストの変更を伴うため、専用治具を作成
して角度を合わせる事にします。

そのため、胴体治具に胴体をセットし、スラスト角の基準となるアルミアン
グル材を胴体治具の前端に装着しておきます。
SuperFanta7-13.JPG

角度合わせに使用する治具です。 カウル前面に位置する基準面には、
所望するダウンスラスト角がセットしてあり、それに合わせて、カウルの削
り加工を行います。
SuperFanta7-14.JPG

治具基準面のサイドスラスト方向の位置出しは、治具の基準面に取付け
たアルミアングル材を、胴体治具の前端に取付けたアルミアングル材と
平行にセット(サイドスラスト0°)する事により行います。
SuperFanta7-15.JPG

スラスト合わせ加工の完了したノーズ部分です。 標準の「F1A」との間に
は、かなり隙間が開きますので、「F1A」は新たに切り出す必要があります。
SuperFanta7-16.JPG

型取り後、新たに切り出した「F1A」です。(以下「F1MOD」と略)
SuperFanta7-17.JPG

「F1MOD」を、カウル前端と面を合わせて瞬間接着剤で固定します
SuperFanta7-18.JPG

裏側より、「F1MOD」周囲をカーボンロービングと、ポリ樹脂で固めます。
SuperFanta7-19.JPG

「F1MOD」に「F1B」を接着します。 この部分は、万が一隙間が開いて
しまうと、せっかく設定したスラスト角が変わってしまうため、治具を使用
してしっかりと圧着を行います。
SuperFanta7-20.JPG

接着剤が硬化後、「F1B」周辺部及び、マウントビームのサイド部に、
カーボンロービング補強を行って、コントラ改造作業が完了です。
SuperFanta7-21.JPG
※マウントビームの後ろ側の耳は最終工程で切り取ります

次回に続く>>

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0