So-net無料ブログ作成
検索選択

Super Fantasista(SPF)の製作(8) [Super Fantasista(SPF)]

スーパーファンタの製作ですが、今回は主翼のアライメントと、カーボン
の取付け加工を行います。

SuperFanta8-1.JPG

主翼のアライメント

最初に、前縁のR加工を行います。 楕円翼の加工は初めてですので、
スムーズな曲線となるよう慎重に作業を進めます。
SuperFanta8-2.JPG

R加工が完了しました。 やはり楕円翼部の加工は難しく、時間が掛かり
ます。
SuperFanta8-3.JPG

続いてアライメント作業を行いますので、主翼を仮付けして、左右の長さ
を合わせておきます。
SuperFanta8-4.JPG

いつものように、平面形(上方から見た主翼と胴体の直角度)の確認は、
尾輪軸より主翼翼端部までワイヤーを張ってチェックします。
SuperFanta8-5.JPG

ワイヤーには、銅パイプが緩めにかしめてありますので、一方の翼端部に
銅パイプの位置を合わせ、その後、もう一方の翼端部にワイヤーを移動し
て左右のズレを見ます。
SuperFanta8-6.JPG

平面形の確認に続いて、主翼と水平尾翼の平行度の確認を行います。
SuperFanta8-7.JPG

上記の確認でズレがあった場合は、胴体側のアウターパイプの取付け穴
を修正してアライメントを合わせます。

両アライメント共にOKとなったならば、胴体穴とアウターパイプ間に
瞬間接着剤を流して、アウターパイプを仮固定します。

アウターパイプの仮固定が完了したら、再度アライメントの確認を
行います。 OKであれば、主翼、インナーパイプを取外し、
アウターパイプ取付け部に十分接着剤を流して完全に固定します。
SuperFanta8-8.JPG

その後、アウターパイプと側板の面を合わせてアライメント作業が完了
です。
SuperFanta8-9.JPG

カーボン脚の取付け加工


今回は安達製作所製のカーボン脚を使用しますので、それに合わせて
穴開け用の治具を作成しておきます。
SuperFanta8-10.JPG

治具にカーボン脚を差し込み、側板とのクリアランスを確保した後、
穴位置をマークします。
SuperFanta8-11.JPG

マークした位置に直径3mmの穴開けを行い、その後、脚を仮付けして
脚が正しく取付く事を確認します。
SuperFanta8-12.JPG
今回はカーボン脚に付属のインサートナットを使用しますので、後ほど、ナットの挿入作業
を行います


インサートナットを使用した場合は、機体上方から固定ボルトに
アクセスでき、脚の着脱作業が大分楽になります。
SuperFanta8-13.JPG

その他の作業


次回より、キャノピーの取付け加工を行いますので、胴枠F6の面を仕上
げ、胴枠F5の接着を行っておきます。
SuperFanta8-14.JPG
次回に続く>>

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0