So-net無料ブログ作成

Super Fantasista(SPF)の製作(9) [Super Fantasista(SPF)]

スーパーファンタの製作ですが、今回は、キャノピーの取付け加工を
行います。

SuperFanta9-0.JPG

本機は、きれいに整形されたカーボン製のキャノピーが標準で、それを
塗りで仕上げる軽量仕様となっています。 

キャノピーの合わせ作業は、EVOと比べて特に変わった所はありませんが、
キャノピーの固定方法が、1点留めへと変更になっていますので、そのあた
りの作業方法を考えながら慎重に作業を進める事にします。

キャノピーの取付け加工

最初に、キャノピーの位置出しを容易にするため、取付け面の面出しを
行います。カーボンパーツのエッジの甘い部分は、パテ修正を行いエッジ
を整えておきます。
SuperFanta9-1.JPG

上面のラインの繋がりを確認するため、キャノピー後方に位置するカナ
ライザーベースを仮付けしておきます。
SuperFanta9-2.JPG

胴体側のキャノピー取付け面(前後面)にテープを貼り、キャノピーとの
クリアランスを確保しておきます。
SuperFanta9-3.JPG

キャノピーベース(K1~K3)を仮付けし、胴体側の取付け面形状に合わ
せて微調整を行います。
SuperFanta9-4.JPG

キャノピーを仮付けし、前後の繋がりを確認しながら、サイズの調整を
行います。
SuperFanta9-5.JPG

ノーズカウルにダウエル穴を加工します。
SuperFanta9-6.JPG

接着作業後のクリップ外しを容易にするため、マウントビームの後ろ側の
耳をカットしておきます。
SuperFanta9-7.JPG

キャノピーベース(K1~K3)の接着を行います。(胴体側に接着剤が
流れないよう注意) また、キャノピー下部の位置決めパーツ(K4)も
接着を行っておきます。
SuperFanta9-8.JPG

接着の完了した、キャノピーベース(K1~K4)です。
SuperFanta9-9.JPG

キャノピーベースとキャノピーを仮付けし、胴体側と完全にフィットするまで
微調整を繰り返します。
SuperFanta9-10.JPG

キャノピーの接着を行う前に、キャノピーラッチの位置と角度を計測と作図で
求め、キャノピーベース(K2)から胴体側胴枠(K5~K7)にかけてラッチピン
の貫通穴(下穴)を開けておきます。
SuperFanta9-11.JPG
通常、キャノピーラッチの取付けは、先にラッチを取付けて、それに合わせてピン穴加工を
行いますが、今回は、作業性、取付け精度を考慮して、先に穴加工を
行い、それに合わせ
てラッチの取付けを行う方法を採用しました


ラッチ穴の加工は、画像のような治具を作成し、位置と角度を合わせて
穴径2.4mmで開孔しました。 
SuperFanta9-12.JPG

続いて、キャノピーの接着を行いますので、ポリエチレンラップで胴体側
の養生を行い、キャノピーベースをクリップで固定しておきます。
SuperFanta9-13.JPG

エポキシ系接着剤を使用して、キャノピーの接着を行います。 サイド部は
バルサ材で押え、浮き上がりを防いでいます。
SuperFanta9-14.JPG

接着剤が硬化後、キャノピーを取外し、はみ出した接着剤を取り除きます。
SuperFanta9-15.JPG

フロント側ダウエル受けの補強材(K5)を接着します。
SuperFanta9-16.JPG

キャノピーラッチの取付け

キャノピーラッチは最終的には接着で固定しますが、塗装作業時に取外し
が出来るよう、スクリュー併用の固定方法に変更しました。

そのため、ラッチ四隅の取付け穴を2mm径に拡大し、ラッチマウント材も
板厚を変更(3mm→5mm)しました。
SuperFanta9-17.JPG

ラッチマウント材をキャノピー内面の形状に合わせて加工を行います。
穴開けに使用した治具は整形用の治具も兼ねており、それに合わせて
削り加工を行います。
SuperFanta9-18.JPG

加工の完了したラッチマウント材に、正規のラッチと同寸で作成した位置
決め治具をスクリュー留めし、キャノピー内面に合わせて高さの微調整を
行います。
高さの調整が完了後、ラッチマウント材をキャノピー内面に接着します。
SuperFanta9-19.JPG
マウント材の位置決めは、先に開けたラッチピン穴にドリルを通し、位置決めピン代わり
にしています

接着の完了したラッチマウント材です。
SuperFanta9-20.JPG

ラッチマウント材の溝に合わせて、レバー部のスライド穴を開けます。
SuperFanta9-21.JPG
この後、ラッチ取付け時に更にストロークが必要になり、2mm程前方に穴を拡大しました

胴体側のピン穴を2.4mm→3.0mmに拡げます。 
(3mm用の穴開け治具を使用)
SuperFanta9-22.JPG

キャノピー側のピン穴も3.1mmに拡げ、ラッチを取付けます。 その際、
ピンがスムーズにスライドする事を確認しておきます。
SuperFanta9-23.JPG

キャノピーを胴体に取付け、正しくラッチが掛かる事を確認します。
SuperFanta9-24.JPG

最後にインテークの加工を行います。
SuperFanta9-25.JPG

キャノピーASSYの重量はラッチ込みで、100g弱でした。
SuperFanta9-26.JPG

カーボン脚の取付け加工(続き)

前回、穴あけ加工まで行った、カーボン脚にインサートナットを取付けます。

最初に、センターずれに注意して、穴径を3.0mmから4.7mmに拡大します。
SuperFanta9-27.JPG

インサートナットを、傾きに注意してバイスで圧入します。 尚、ナットは
下面側から挿入します。
SuperFanta9-28.JPG

ナットの挿入が完了したカーボン脚を胴体に取付け、穴位置にズレが無い
事を確認して完了です。
SuperFanta9-29.JPG
次回に続く>>

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。