So-net無料ブログ作成
ラジコン ブログトップ
前の5件 | -

アナログ・インシデンスメーターのデジタル化 [ラジコン]

使い勝手の良い「ヘリ用ピッチゲージ」を流用して、アナログ・インシデンス
メーターのデジタル化を行いました。

incidence01.JPG

続きを読む>>


今日も4フライト [ラジコン]

先週に引き続き、飛行練習に行ってきました。

天候は曇りで少し肌寒いくらいでしたが、風は北西の微風で練習には
好条件でした。

今日は明日の検定会に参加予定の方もいらして、最後の調整に取り
組まれていました。

IRC2016.10.22-1.JPG
駐機場は沢山の機体で埋りました(総勢11機)


私の方は、水平飛行の練習から始めて徐々にP-17の課目の練習を開始
しました。
IRC2016.10.22-2.JPG

同時に機体の調整も確認しましたが、ロールでよれる件は、ラダーのエク
スポを増やす事で大分改善されました。
スピンはノーマルの舵角で失速の入りも良く、旋転速度も丁度よい感じで
した。 ただスナップは、舵角を切り替えてもうまく回らず、舵角やパワーの
使い方を研究する必要があるようです。

P-17は、まだ前半の課目しか行っていませんが、今のところ複合舵の
演技がポイントのように感じています。 今後は水平の練習と並行して、
その辺りを重点的に練習していきたいと思っています。 

Musette総飛行回数:14


今日はミュゼット [ラジコン]

約3か月ぶりのフライトですが、今日はミュゼットを持参しました。

IRC2016.10.15.JPG

天候は、雲一つない秋晴れで、まさに高気圧の真っ只中という感じ。 
風も北寄りの微風で左右どちらからでも離着陸が可能な絶好の飛行日和
でした。

本日の参加機は、フルサイズ5機、70ファンタ1機、それから私のミュゼット
の7機でした。

若干仕様は異なるものの、ほぼ現在製作中のFanta Evoと同型機を
ヨッシーさんが持参されていましたので、同氏の了解を得て細部の写真を
撮らせていただきました。 これからの製作工程においては、図面に記載
されていない部分の作業が多くなるため、大いに参考になります。 
ヨッシーさんありがとうございました。

さて、ミュゼットのフライトですが、3月以来ですので最初のフライトでは、
トリムを合わせながら軽く癖をチェックし、その後のフライトでは、基本パターン
の練習としてスポーツマンクラスの演技を練習しました。 

ほぼ無風なのですが、相変わらず飛行コースが安定せず、近くなったり
遠くなったり、また演技の大きさもまちまちで、まとまりがありません。
ロールはラダーとエレベーターの調和が取れずヨレヨレで、センターも全く
合いませんでした。

本日は4フライトして、機体の感覚には大分慣れたのですが、フレームを
意識してコースを正確に飛ばせるようにするには、ある程度回数をフライト
する必要がありそうです。 スポーツマンを卒業して、早くP-17の練習に
入れるよう今後は、飛行場へ通う頻度を上げていきたいと思っています。

Musette総飛行回数:10


胴体治具 [ラジコン]

フルサイズ用の胴体治具を新規に作成中です。

JIG2016-1.JPG 

以前使用した治具

以前「Grand Slam LT」を製作した際にも、簡単な治具を作成して組立て
を行いました。 簡素なものでしたが、当時は胴体の剛性が高かった事も
あり、十分な精度で組立てが可能でした。
JIG2016-2.JPG
2004年頃に作成した胴体治具

今回の改良点 

今回は、以前作成した治具をベースに次のような改良を行います。

1.全体の剛性・精度の向上
  ・前後に走るメインのビームを50X50 アルミ角材1本から、40X40
   アルミフレーム材2本へ変更し、ベース部分の剛性を上げる事によって
   全体の精度向上を図る。

  ・胴枠サポートの材質を木材から、3mmアクリル板+アルミアングル材
   へ変更し、直角精度を上げると共に、経年変化による狂いを防止する。

2.使い勝手の向上
   主要部分にアルミフレーム材を使用する事により、胴枠サポートの
   前後、左右方向の移動は、4mmキャップスクリューを緩めるだけで
   調整可能とする。 それにより、機種毎の位置変更や微調整作業を
   迅速に行えるようにする。

3.主翼単体でのアライメント機能の付加
   アタッチメントを追加する事により、2分割の主翼とカンザシパイプの
   アライメントを確認できるようにする。

  ※主翼剛性の関係で、正確な主翼単体でのアライメント測定は、プランク
    作業後になります。 依って、本治具でのアライメントは確認のみの
    機能となります。 
    カンザシパイプ組込み時のアライメントは、別治具を作成する予定です。


細部の画像

アルミフレームはNIC製のアルファフレームを使用しています。 胴枠
サポートは3mmアクリル板+アルミアングル材を使用して直角精度を
上げています。
JIG2016-3.JPG

セット寸法の変更は、前後、左右共に4mmキャップスクリューを緩める
だけで調整が可能です。
JIG2016-4.JPG

ベース部分は、40X40アルミフレーム材を梯子状に組むことにより、
全体の剛性・精度をアップしています。
JIG2016-5.JPG
細部の仕上げ及び、調整作業は使用前に行う予定です。

最近の機体は軽量化のため、極限まで材料を薄くしてあり、一見、コンベン
ショナルな胴体構造に見えますが、実際にはほとんどモノコックに近い
強度配分になっているようで、完成前の胴体は捻じれ曲げに対して非常に
弱いように思われます。 従って、製作中は常に治具による支えが必要で
あり、そういった意味においても治具の役割は重要であると考えています。

今回作成した治具は、今後実際に使用しながら、使い勝手や精度の向上
を行っていく予定です。


久しぶりのフライト [ラジコン]

5月22日のクラブの飛行会以来、久しぶりにフライトしてきました。

天候は薄曇りで、風は北東から2~3m/s位、今の時期としては
涼しく過ごしやすい天候でした。

IRC2016.7.23.JPG

本日の参加機は、フルサイズの機体が5機と110クラスが1機、それから
私のEプレイリーLの7機でした。 
来週のオールジャパンの予選を控えた方もいらして、飛ばし込みを行って
いました。

また、最近、図面とバルサ部品しか見ていなかったFanta Evoの完成品?
を見る事が出来ましたので、細部の仕上げの勉強をさせていただきました。

EプレイリーLは2フライトしましたが、やはり飛ばし易く、安定して飛行します。
今日は前回よりも風が弱いため、スポーツマン級もどきのパターンを行って
みました。 パワーも十分でスクエアループ等の垂直系の演技も問題なく行え
ます。 さすがに逆宙返りは底辺からの昇りでヨー軸方向に逃げてしまい、
ラダーの当て舵が適切でない事もあって失敗しましたが、その他の演技に
ついては何とか形にする事は可能でした。
今日は少しパワーを掛けて飛行したため、5分間飛行後のバッテリー残量は、
25%程度と、前回よりもかなりバッテリー消費が多くなりました。 搭載
バッテリーの容量としては、やはり1800mAh程度が適切なようです。

EプレイリーL総飛行回数:5


前の5件 | - ラジコン ブログトップ