So-net無料ブログ作成

スーパーファンタ 4号機の製作 (5) [スーパーファンタ 4号機]

SPF 4号機の製作ですが、今回は、F3A機にとって非常に重要な
主尾翼のアライメントと主翼の取付け加工を行います。

SPF(4th)5-1.JPG

続きを読む read more >>


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

スーパーファンタ 4号機の製作 (4) [スーパーファンタ 4号機]

SPF 4号機の製作ですが、今回は、胴体プランクの続きと、
カーボンパーツの取付けを行います。

後部胴体プランク(続き)

SPF(4th)4-1.JPG
トップ部材の整形

続きを読む read more >>


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

スーパーファンタ 4号機の製作 (3) [スーパーファンタ 4号機]

少し間が空いてしまいましたが、引き続き、SPF 4号機の製作です。
今回は、主翼の続きと、胴体の製作を行います。

主翼の製作(続き)

SPF(4th)3-1.JPG
前縁材の接着

続きを読む read more >>


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

F3A機 [ラジコン]

今のところSuper Fantasistaの製作で手一杯なのですが、現在進行中
の4号機が完了したら、SPFと並行して、ファンタEvo1号機の製作再開を
考えています。

FantaEvo1.JPG
ファンタEvo1号機

本格的にF3A機の製作に取り組むにあたり、その習作として製作したファンタ
Evo1号機ですが、ほぼ生地完の状態で1年以上経過してしまいました。

最初に取り組む機体としては、ハードルが高く、作るのが難しい機体でしたが、
その一連の作業を通して今風のF3A機の構造、製作方法を学ぶ事が出来たと
思っています。

その後着手したSPFも、本機での経験を基に作業工程、製作方法の設定を行う
事で、コントラ部分を除いて比較的スムーズに移行する事が出来ました。
いきなり楕円犬歯翼ではハードルが高すぎていたかもしれません。

ファンタEvo1号機の製作再開の目的としては、以下のような事を考えています。

 (1) 塗装技術の習得

   生地の製作に関しては、まだ課題はあるものの一連の流れはつかめてき
   ました。しかしながら、作り手として完結するためには、軽量仕上げに対応
   した塗りの技術も必要であると考えており、習作機である本機を用いてスキ
   ル向上を目指したい。

 (2) リンケージ及びF3A用機器の取り扱い技術の習得

   私がフルサイズF3A機を飛行させていたのは、十数年前であり、パワー
   プラントは当然エンジン、リンケージもエレベーター/ラダーはバルサ棒/
   ワイヤーを使用など、胴体内の様子は現在の機体とは全く異なっていました。

   そこで、機体完成後に飛行可能状態までの作業を行う事で、現在の電動
   F3A機用のメカ配置やセッティング、S.BUSを含めた無線機器の取り扱い
   技術の習得を行う。
   加えて、実際に飛行までを行う事で、取扱上の問題点を把握し、ユーザーの
   使い勝手も考慮した機体作りへ還元出来たらと考えています。

Lovelycds.JPG
初めて飛ばしたフルサイズ機(ラブりーCDs)。
関西の方から中古で購入、当時出はじめのYS DZ-140エンジンに換装して飛行させましたが、
当初はエンストが
多く苦労しました。(後に燃料タンク内のスポンジ錘の材質を変更したところ
嘘のように快調になる)

飛行はそれまで飛ばしていた90クラスとは別次元の張り付き感に感動したのを覚えています。
安定性が高く、当時ルールに積極的に組み込まれてきたスナップロールはやや難しい機体で
たが、この機体でプレマスターズまで取得しました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

スーパーファンタ 4号機の製作 (2) [スーパーファンタ 4号機]

引き続き、SPF 4号機の製作です。 今回は、カナライザー、尾翼の
続きと、主翼の製作を行います。

カナライザーの製作

SPF(4th)2-1.JPG
前縁の整形


続きを読む read more >>


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー